手帳の魅力

昔は手帳の発売といえば新春、もしくは4月だった。今では9月始まりや10月始まりというものが店頭に並んでいる。スマホがひとりに1つの時代というのに、手帳の人気は今だに現在で手帳のコーナーにいくと沢山の女子が想い思いの手帳を手に物色している姿を目にする。私といえば、新春にかって最初の何ページかは色とりどりにイラストを描いたりしているが、それもせいぜい半月が限界で二月になれば空白ばかりになっている。毎年毎年、これが恒例になっているのに性懲りもなくまた、手帳を買ってしまうのだ。何故、同じことを繰り返してしまうのか?それはきっと、未来の夢や希望を買っているのだと思う。新春にはダイエットや仕事について目標を書いて夢をみる。しかし現実は厳しくて、書いたようにはいかない。厳しいというよりは、そこまでの努力がまったくできない。ダイエットにおいても春までに5キロ痩せる!と目標をたててもなかなか実行に移すことができない。ダイエットは手段で本当は目標は違うところにあるべきなのだ。婚活するために、結婚相談所に登録したから、ダイエットをしなきゃ!こういう目標ができればダイエットは手段となり、やる気にもなるだろう。ただ漠然と5キロ痩せたいと思っていても、確固たる理由がないので、よし!という気持ちにはならないのだ。話を戻そう。なぜ、手帳を買ってしまうのか?ロフトやハンズにならんだ手帳は誰かが、たぶん店の店員が書いたサンプルが置いてある。その手帳には楽しい毎日が綴られていて、絵もとても上手でみていて楽しい。絵心のない私がそんなふうに書けるわけもないし、仕事と自宅を往復している私にそんな楽しいイベントが盛りだくさんあるわけもない。あるわけもないのに、サンプルで書かれた手帳をみていると、この手帳を買えば盛沢山のイベントで充実した毎日がついてくるかのように錯覚してしまう。だれそれちゃんとランチ!どこどこに彼氏と映画!というように、このサンプルの手帳の主の充実した毎日があたかも、同じ手帳を買うことで実現するような錯覚を起こしてしまう。手帳マジックである。それを夢見て1月はそれなりに予定を盛り込んでみるけれど、2月のスケジュールはガラガラで、実家に帰ると書いてあるくらいで終わってしまう。それ以降はたまに誰かとランチにいく予定があるだけで、ほとんど家と仕事の往復で予定なんてありゃしない。意気揚々と手帳を購入したあの日の私は、もう2度と手帳を買う事もない、と思いきや。今度は仕切り直しと思いなおして4月始まりの手帳を購入して、未来の夢をみる。最初の一ヶ月だけ記入してある手帳がもう何冊もたまっているのに、夢を見続けるのはやめられない。